池上彰に聞く どうなってるの? ニッポンの新聞
池上 彰
東京堂出版
売り上げランキング: 4,655

富山県富山市の福田税理士事務所の福田です。 

平成27年10月以降、マイナンバーが各個人に一斉通知される予定となっております。

ところで、マイナンバーの対応については、政府の広報と、行政関係者や企業の方々から聞こえてくる意見との間には、かなり大きな隔たりがあると感じたりもしますが、いかがでしょうか。

また、一斉通知の予定となっていますが、郵便局の対応能力を超えているのではないかとの意見もあるようです。


ところで、このマイナンバーですが、直近で最も関連性が高いものとして、年末調整になるのではないでしょうか?





【まずは年末調整時にマイナンバーを収集】

マイナンバーについては、セキュリティの問題など、様々な点に注意が必要です。

そして、セキュリティの問題と合わせて、”まずはマイナンバーを収集する”ということが重要になってきます。

これについては、”扶養控除等申告書に記載して提出してもらうことにより収集する”という対応を予定しているという意見が多いようです。

そうすると、次のような疑問を持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?





【記載されたマイナンバーが正しいかが不安・・・】

誤記入の可能性が無いとは言えないかと思います。

そうすると、チェックの必要性が出てきます。
 

”マイナンバーが記載された書面のコピーをもらえばよいのでは?”
との意見もあるようですが、
”扶養控除等申告書提出時に、マイナンバーが記載された書面を持参してもらい、チェックする”
という対応を予定しているという意見が多いようです。



ところで、このマイナンバーですが、年末調整だけではなく、雇用保険・健康保険等にも必要となってきます。

そのため、マイナンバーが記載された扶養控除等申告書の収集時に、その旨を記載した書類を説明して配布するという対応を予定しているという意見もあるようです。


 
池上彰に聞く どうなってるの? ニッポンの新聞
池上 彰
東京堂出版
売り上げランキング: 4,655