富山県富山市の福田税理士事務所の福田です。



経営者の皆様におかれましては、経営計画の策定という言葉を聞くと、どのようなイメージが浮かぶでしょうか?



"自社の発展のためには不可欠"という方から、"銀行から言われてしぶしぶやっているやつだな~"という方まで、様々かと思います。



また、自社内で作成される場合もあれば、"自社内でするのはちょっと大変なので、身近な税理士さんにとりあえず聞いてみようかな~"というケースもあるかと思います。



弊事務所でも、"銀行からお願いされたのですが、どうすればよいのでしょうか?"という相談を頂くことがあります。



"銀行からお願いされたので、面倒だがとりあえず何とかしないと・・・"というケースの場合は、"自社の発展に生かす"という視点はないかと思います。



ただ、"面倒な事業計画"をどうせ作らないといけないのなら、これを良い機会として"自社の発展に役に立つ事業計画"を作成してみるのはいかがでしょうか?




【自社の発展に役に立つ事業計画とは!?】


事業計画は、作成するのも大変ですが、その後のフォローもなかなか手間がかかります。



事業計画の作成支援をさせて頂いていると、作成した事業計画を、その後の現実と照らし合わせて、良かった部分、悪かった部分などを抽出することにより、自社の発展に真に寄与するのではないのかな~と感じます。




また、良かった部分については、なぜ良かったのかを徹底的に掘り下げて考え、悪かった部分についても、なぜ悪かったのか、改善の余地はあるのか、改善に向かってどのように手を打つのかなどを検討していきます。



これらのことを考える上で、損益状況や財務・資金繰りを加味することは、本当に役に立つ事業計画を策定するためには必要不可欠です。




【税理士事務所こそが事業計画の作成支援をすべき!?】


税理士事務所は、職業上お客様の会計帳簿の内容を全てチェックさせて頂くことになります。



また、顧問の形態はいろいろありますが、1ヵ月に一度訪問させて頂き、帳簿のチェックと損益・財務内容などについて説明させていただく場合などもあります。




自社内の数字を全て理解していて、かつ、月に一度は何らかの打合せを実施するということを考えると、税理士事務所が事業計画の作成支援をするのが望ましいのかな~と感じます。



このときに、議事録を作成することは重要です。




【議事録が重要!?】


事業計画を作成するときは、まず、どのような目標をもつのかを、数字と文章を通して決めます。



次に、設定した目標に対して、成果が出たのか出なかったのか、その原因も含めて検討します。



今度は、検討事項を全て議事録として作成します。



これを、毎月ひたすら繰り返します。




この繰り返しは、かなり効果があるのではないかな~と、最近感じます。



この作業を、顧問税理士を利用しながら実施すると、別の視点からの意見も出たりして、有意義なものになるのではないでしょうか?




経営者の方々の真の経営パートナーとして、このような役割も求められているのかな~とも感じました。




-------------------------------------------------


【福田税理士事務所のホームページ】http://fukutax.com/


【福田税理士事務所のツイッター】https://twitter.com/#!/FukudaLta


【福田税理士事務所のFacebookページ】http://www.facebook.com/fukudalta


【富山の税理士 福田広文の趣味遊び場あれこれ】http://fukudalta.blog.fc2.com/