こんにちは、福田税理士事務所の福田ですキラキラ

平成24年度も残すところあと1週間を切りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうかはてなマーク

ところで、平成25年1月1日以降においては、復興所得税の源泉徴収が開始するため、源泉徴収に関して、従来と変化することとなります。



【復興特別所得税の源泉徴収について】

国税庁のHPにも記載されていますが、所得税率の2.1%が、復興特別所得税となります。

実務的には、給与の源泉徴収については、平成25年分の源泉徴収税額表を見ればよいですが、受取利息については、取扱いが複雑となります。



【受取利息の源泉徴収】

法人が受け取った普通預金の利子などについては、入金額から、源泉徴収前の総額を算出して、仕訳を行うケースも多いかと思います。

平成25年1月1日以降において、受取利息等について源泉徴収される税額は、以下の通りとなります。

・通常の国税15%

・復興所得税0.315%

・住民税5%


つまり、源泉徴収される税額は、総額の20.315%となり、その結果、入金されるのは総額の79.685%(100%-20.315%)となります。



そこで、事例形式で、復興特別所得税の源泉徴収について、考えてみました。



【入金額を300円と仮定した場合】

こんな感じになるのでしょうか?

・通常の国税⇒(300÷0.79685)×15%=376(小数点以下切捨て)×15%=56円(小数点以下切捨て)

・復興所得税⇒(300÷0.79685)×0.315%=376(小数点以下切捨て)×0.315%=1円(小数点以下切捨て)

・住民税⇒(300÷0.79685)×5%=376(小数点以下切捨て)×5%=18円(小数点以下切捨て)

・受取利息総額⇒300+56+1+18=375





【入金額を300円と仮定した場合】

こんな感じになるのでしょうか?

仕訳例
借方金額貸方金額摘要
普通預金等300受取利息375
法人税等56国税
法人税等1復興所得税
法人税等18地方税






---------------------------------------------------------------------------------------------

【税理士試験の受験生日記のメルマガ】http://www.mag2.com/m/0001423830.html

【福田税理士事務所のツイッター】https://twitter.com/#!/FukudaLta

【福田税理士事務所のFacebookページ】http://www.facebook.com/fukudalta

【富山の税理士 福田広文の趣味遊び場あれこれ】http://fukudalta.blog.fc2.com/