こんにちは、福田税理士事務所の福田です馬

前回は、平成25年3月に最終延長が到来する金融円滑化法と実抜計画について、考えてみました。

今回は、この実抜計画について掘り下げて考えて行きたいと思います。





【実抜計画作成のポイント】

"金融機関に実抜計画を作成して提出する"と聞いても、"なんか良くわからないなあ~"と感じる方も多いかと思います。

そこで、金融機関が求める、実抜計画の策定に当たっての主なポイントについて、いくつか考えてみます。



①売上の大まかな見通しを立てる

②経費削減をしっかりと考える(経営努力のアピール)

③利益は、8割程度は達成可能なものにする。

④改善するポイントについて、文章で詳しく作成する。

⑤貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書に矛盾が無い

⑥社長自身の考えが反映されていて、社長自身で説明できる。




全てを正確に仕上げようとすると、なかなか大変です。

でも、個別事例を聞いていると、この全てではなくても、出来る範囲内ですることにより評価があるようです。

まずは、できることから少しづつ始められてはいかがでしょうか?





【実抜計画の作成よりも大事な事】

実抜計画は、作成して提出すること以上に、"どれだけ出来ているのか"や、"改善の手立てを打っているのか"が重要です。

中小企業にとって、これらの計画の作成には負荷が重い部分もあるかと思いますが、金融機関との円滑な関係を築いて頂き、皆様の事業が発展されることをお祈り申し上げます。



金融検査マニュアル〔中小企業融資編〕はこちら

中小企業金融円滑化法はこちら



---------------------------------------------------------------------------------------------

【税理士試験の受験生日記のメルマガ】http://www.mag2.com/m/0001423830.html

【福田税理士事務所のツイッター】https://twitter.com/#!/FukudaLta

【福田税理士事務所のFacebookページ】http://www.facebook.com/fukudalta

【富山の税理士 福田広文の趣味遊び場あれこれ】http://fukudalta.blog.fc2.com/