税理士コラム(福田税理士事務所)

税金・会計の専門家が、節税・決算・金融機関対策・起業など、税務に関するアドバイスを行います

福田税理士事務所
北陸税理士会・富山支部所属
TEL:076-482-5860
FAX:076-482-5788

【執筆実績】
日本実業出版社

【講師・講演実績】
富山県中小企業団体中央会
富山大原簿記法律専門学校
富山国際大学

富山県富山市の福田税理士事務所の福田です。



前回では、"指導する民間は誰が最適か?"という観点からの"経営革新認定支援機関"という制度の制定について説明しました。



今回は、"当事者である認定支援機関"として感じることについて考えてみます。


続きを読む

富山県富山市の福田税理士事務所の福田です。



前回では、政策公庫の大きな2つの特徴について検討してみました。



・民間の金融機関を補完


・政策金融の機動的実施



今回は、"政策金融"に関連した、"昭和から平成にかけての国の政策転換"について検討して行きます。


続きを読む

富山県富山市の福田税理士事務所の福田です。



金融機関からお金を借りる場合には、民間の金融機関や日本政策金融公庫(以下「政策公庫」とします)などを検討することになります。



そして、民間の金融機関であれば、"民間か政策公庫か、民間であれば信金か銀行か、銀行であれば規模は"などを検討することも重要です。



このように、一口に金融機関と言っても様々な選択肢がありますが、その中でも、民間の金融機関とは異なる政策公庫の特徴について、検討してみます。


続きを読む

富山県富山市の福田税理士事務所の福田です。



事業をされている方が給与を支払った場合には、原則として、その年の翌年1月31日までに、市区町村へ給与支払報告書を提出しなければなりません。



年の中途で退職者した場合には、平成26年1月31日までに、退職時の住所地の市区町村に給与支払報告書を提出する必要があります。




【退職者に関する給与等支払額30万円以下の場合には提出不要!?】
ただし、その方に対する給与等の支払金額が30万円以下の場合には、提出を省略することができます。


続きを読む

富山県富山市の福田税理士事務所の福田です。



最近は、ものづくり補助金の申請やその交付決定のお話を聞くことも多くなってきました。



周知されるとともに、当初と比較して範囲の拡大等により競争率が激化し、加点ポイントなどの要素も増加しているようです。



厳しい競争を勝ち抜いて受給が確定された方々におかれましては、是非、事業の発展に生かされることを願っております。



ところで、補助金で固定資産を取得した場合に、一定の要件を満たす場合には、"圧縮記帳"という税制上の特例を受けることができます。




続きを読む

富山県富山市の福田税理士事務所の福田です。



暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?



ところで、ご存じの方も多いかと思いますが、平成26年度の税制改正の一つに、"生産性向上設備投資促進税制"というものがあります。


続きを読む

富山県富山市の福田税理士事務所の福田です。



会社が社長などの役員に対して支給する報酬については、従業員に対する給与よりも、法人税法上様々な制約を受けます。



たとえば、役員に賞与を支給した場合には、原則として税金の計算上の損金にはなりません。



そして、役員に支給する報酬は、原則として毎月同額でなければなりません。


続きを読む

富山県富山市の福田税理士事務所の福田です。



ふるさと納税をすると、市町村などによっては、特産品が送られてきます。



そして、このふるさと納税については、一定の限度額までは寄付金として、優遇されています。



ところで、送られてきた特産品に対して税金がかかることも、ごくまれですが、あるようです。


続きを読む

↑このページのトップヘ